カタールのBlack Fridayは予想以上だった


Black Fridayは欧州と北米くらいだと思ってたんですが、前にSONY h.ear go (SRS-HG1)を購入した家電店からSMSが。

It’s Tomorrow! Amazing BLACK FRIDAY OFFERS on EVERYTHING

こんなSMS貰ったら体調悪いなんて言ってる場合ではなく、行くしかありません。

BLACK FRIDAYを舐めてました。家電店が入るショッピングモールに着いてみると早速人が多く、肝心の家電店は日本の通勤電車並の人口密度でした。いつもはいつ廃線してもおかしくないようなローカル線並の客の数しかいないのに黒い金曜日は強かった。ただ、売ってる肝心の物はやっぱりカタール。日本を時間軸にすると一世代遅れくらいの物を最新モデルとして売っています。時差は6時間遅れですが、物差は6ヶ月遅れくらいです。

世代遅れのSurfaceを10% OFFにされても物欲は沸かないし、ゲーミングPCはアラビア配列のキーボードでやっぱり1世代前だし、携帯はBlack Fridayで割り引くためか、定価の価格が上げてきてるし、カメラレンズはDXレンズしかないし、この何とも言えない感じはなんでしょう。やっぱり個人輸入しかなさそうです。

そんな中、1つだけ日本と価格勝負できた物がありました。BOSE QuietComfort 35 wireless headphonesです。売値1,499QAR (約45,917JPY)の30%引きとあったので、1049.3QAR (約32,142JPY)でした。その時の価格.comの最安値が35,322JPY、公式BOSEがBLACK FRIDAYセールで39,960JPY→35,640JPYでしたのでお買い得ですね。損か得かを考えると得なので即決。とは言え、30%OFFなのに、もうちょっと安くならないかが気になる私です。話するだけ無料なので店員さんと話をするとびっくりの999QAR (約30,601JPY)になりました。もちろんクレジットカード支払いOKとのこと。これならカード海外支払手数料乗っけられても日本より安いですね。

そんなわけでいつも人がいなさすぎて並ぶことなんてないレジに並ぶこと1時間、なんでレジの列が進まないんだろうと思いながら、次は自分の番を迎えます。この時にやっと謎が解けます。次は私!というシチュエーションで石油王に4回順番を譲りました (割り込まれました)。そりゃいつまで経っても列が進まん訳です。しかもまとめて品物持ってレジに来るわけではなく石油王は1品1品でレジに来ています。とほほ。。。

そんな長時間待ちがありましたが、なんとか耐えて買えました。

BOSE QuietComfort 35 箱表
BOSE QuietComfort 35 箱裏

マニュアルは日本からダウンロードすれば日本語版が手に入る非常にいい時代です。機器自体も日本語対応でした。がっかり点はやっぱりMade in Chinaなところです。

FWの更新にPCがいる点、NCレベルの調整にスマートフォンアプリがないとならない点を考えると、パソコンとスマートフォンがないともはやヘッドフォンすら使えない時代になってしまったんだなあという何とも言えない気分になります。

Bose Software Updater
NC Setting

実際に宿舎で使うとLGの洗濯乾燥機を動かした時にモータ駆動のインバータノイズがBluetooth Audioに乗ってくる所、PS4 Proで使えないところは前に買っていたSONY h.ear go (SRS-HG1)と同じです。私の環境だとBluetooth Audioは万能ではありません。とは言え、これをつけていると宿舎の換気ダクトの音や、隣部屋にいる厄介外国人の大喧嘩声がNCでカットされるのは快適です。

とても良い買い物をしたぞ!と思いながらBOSE 米国サイトを見ていると後継モデルが出ていることに気づいてしまいました。知らないことが幸せなこともあるというのはまさにこのことです。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
広告


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です