電池駆動予測時間に差


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
広告


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Windows 10を入れたThinkPad X230(※),X200s

(※)参考:6万円台で十分戦えるPCを (ThinkPad X230) | モノレポ

この2台にLenovo 省電力マネージャ6をインストールして使ってると、
Windows 10とLenovo 省電力マネージャ6で残りバッテリー駆動予測時間に結構差がでます。

差が大きいX230の例ですが、

<起動直後>
5h00m : Windows 10
13h05m : Lenovo 省電力マネージャ6

<起動20分後>
4h35m : Windows 10
4h10m : Lenovo 省電力マネージャ6

<起動60分後>
4h19m : Windows 10
4h12m : Lenovo 省電力マネージャ6

こんな感じで起動直後に一番差が出て、
使用していると2つの差は小さくなっていきます。

Lenovo 省電力マネージャ6がWindows 10に対応してないのを、バッテリー充電モードの設定したいがために無理やりインストールしたので文句は言えないんですがここまで差がでるとは思ってなかったです。

調べても同現象を書いてるWebページを見つけることができませんでした。
私の環境だけで発生しているんでしょうかね?

Windowsにバッテリー充電モードの設定機能が乗ってくれると嬉しいです。
難しいんでしょうけど。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
広告


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です