スーパーカブ110(JA10)を売却した


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
広告


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

入居予定物件の駐輪場に原動機付自転車の駐輪が認められず、
近所の駐輪場を探してみたものの「コストが下手したら地方の車1台分じゃん」
ということで諦めて車両売却しました。

弾丸でつくばに行ってみたり、
富士山5合目まで登ったり、箱根峠登ったりしてもノートラブル。

狭い住宅街の道だと車より速いスーパーなカブです。

ノーマルな状態だと、
丸目カブ(JA07)より角目カブ(JA10)の方が走りやすいです。

こう書くと良いところばっかりに見えますが、
やっぱり気になる点もありました。

丸目カブ(JA07)と比較した時に、角目カブ(JA10)は部品の工作が荒すぎるんです。

160117-20160117_115533_1k_lrcc
バイクカバーをかけていても1年経たずで錆び始める
謎の隙間
無理やりネジでつけた感じ
隙間ができる
やっぱり隙間がある

プラスチックとプラスチックの断面が合ってないんです。
あとは錆問題。長距離走行後は洗車をしたり、
駐輪時はバイクカバーをかけて濡れないように徹底してても
1年経たない状態で錆び始めるこのザマです。

この辺を目の当たりにすると、本当に”スーパー”なカブなのかわからなくなります。
八百屋で買える国産の蕪のほうが見た目は綺麗です。

角目カブ(JA10)、走行性能は悪くないので、
各パーツの品質を丸目カブ(JA07)レベルまで上げてほしいです。

なんというか安かろう悪かろうです。

 

売却価格は交渉して25%増でした。
80k

90k

100k

これで岡村製作所のデスクとチェアを買います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
広告


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です