カタール産の牛乳が登場

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
広告


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

昨年6月に周辺諸国に断交されてから、何も進展ないまま年を越しました。いつも通りのお店に行くとカタール産の牛乳が入荷していました。

MILK (PROUDLY MADE IN QATAR)

断交前は水で薄めたような味がするサウジアラビア産が占めていて、断交後は数本に一本がヨーグルトになってしまってるトルコ産、明らかに粉を溶いた味がするイラン産が占めていましたが、とうとう自国産が出回るようになりました。断交直後に乳牛4,000頭 + 14,000頭を輸入して乳製品の生産を始めるという報道は間違いではなかったらしい。なお、味は日本と変わらないレベルだったので、たまたま当たりロットだったのかどうなのか含めて数本飲んでみたいところです。断交後に自国産が出てきたのは鶏肉、卵、ヨーグルト、ジュース等々で問題点はどんどん札束で解決!という世界を目の当たりにしています。未だに毎日店頭に並ぶほどの生産力はないみたいなので、早く増強されてほしい所です。あとは札束を持ってしてこの低速クソ回線をお金の力で解決して欲しいところです。

冗談はさておき、断交継続すればするほど再開後に輸出するものが減って損する気がしますがどうなんでしょうね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
広告


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

1月からつまずく

1月は日本大使館から招待された新年祝賀会に出席して、最高のおせち料理とお寿司を食べながら、今年1年何事もないように祈ったはずなのですが、その後腹痛から始まり、腹痛だけに留まらず、いつもの喉がやられる王道パターンに入り、声まで出なくなる始末です。 “1月からつまずく” の続きを読む

2018年になる

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願い致します。

そんなわけで、2018年になりましたが、年が変わった実感は全くありません。National Dayのような花火はないし、通常通り開いている商店、通常通り入ってくるルームサービス等々。いつも通りの平日です。唯一あったのはルームサービスの掃除部隊が「あけおめ!ことよろ!」と叫びながら突入してきたこと位です。「わたししごと、あなたやすみ」なんて言われましたがどこでそんな日本語覚えたんでしょうか。謎です。

とりあえず、早速メールシステムの移行を完了させたので独自ドメイン受けが可能になりました。