MIL規格準拠試験クリアのカメラを落として壊す

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
広告


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

中東地域に行くことが決まって、慌てて用意したカメラですが、1年経たずに壊しました。数ヶ月使って終わり。何を持って壊れたとするのかは人によりますが、私の場合レンズに傷入って変な像が写り込んだ地点で終わりですね。

買ってたのはNikon COOLPIX AW130です。

COOLPIX AW130 – 概要 | コンパクトデジタルカメラ | ニコンイメージング (nikon-image.com)

防塵防水性能はIP68相当、耐衝撃性はMIL-STD 810F Method 516.5-Shockに準拠した試験をクリアというなかなかスペック上では強いカメラなので、砂嵐が来るような中東で何も考えずに使うにはいいカメラ!と買ったはずでしたが、胸ポケットから落下させた時、ちょうど砂地でレンズに傷入り終わりました。砂は強かった。

今思うと、購入を考えてた時に訪れた家電量販店の店員は「MIL規格ですから落としても大丈夫!!」なんて適当なことを言ってましたが、MIL規格準拠の試験をクリアしていても、急所に当たれば終わります。

ブロワー吹いても取れない砂とレンズの傷

左上のやや白くなってる部分が該当箇所です。せめてレンズの部分にプロテクターが欲しかった…

“MIL規格準拠試験クリアのカメラを落として壊す” の続きを読む

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
広告


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -