Lightroomの進化を実感 (処理Ver 2010→2012)


写真がHDDを圧迫してきたな~ つらい~
なんて思いつつLightroomで古い写真を漁ってました。

ふと3年前に撮影した写真が目に止まりました。

Lightroom 3 (2010) 補正なし
Lightroom 3 (2010) 補正なし

ガスっててボツ扱いしてた写真でした。
というか潜水艦撮ってたっけ・・・(記憶が無い

当時使ってたLightroom 3では自動補正かけてみてもこの通りで、
うーん、、、という感じでした。

Lightroom 3 (2010) 自動補正
Lightroom 3 (2010) 自動補正

そういえば、今はLightroom CCだし処理Verを2012に切り替えて自動補正かけてみたら、ちょっとは変わるのでは?
と思ってかけてみたのがこちら。

Lightroom CC (2012) 自動補正
Lightroom CC (2012) 自動補正

あれ、結構マシになってる!?
ここからパラメータ弄れば、そこそこ使える絵になるのでは?
なんて思って当時の天気なんかを思い出しつつ弄ったのがこちら。

Lightroom CC (2012) 手探り現像
Lightroom CC (2012) 手探り現像

なんというか、古いRAWはいつか役に立つ時が来る(?)ので消さずに取っておくべきだと再確認しました。
(JPEGしかなかったら確実にゴミ箱行きでしょうけど)

SlackのカメラchにRAWデータを投下したところ現像のネタになったらしく、現像後の写真を頂きました。


_mg_52792w
風車さんより


_mg_5279_acr_edit20160915a
彗星さんより

現像する人によって違う絵が出てくるので写真って奥深ですね。

結局HDDの空きを作るのには失敗しましたが、Lightroomが進化してるのを実感できたので、
Lightroom 3 (2010)で処理しようとして諦めてた写真をLightroom CC (2012)で現像し直したりするのはありかもしれません。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
広告


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です