セルフレジでボトルネックは解消されず


そこそこ近い、某スーパー 東急ストアにセルフレジが導入されたと聞いて、
興味本位で何度か使用しました。

理想「これで前に時間掛ける人がいて、遅さでイライラすることが無くなるはず!」
という訳で、レジ並んでて遅くてイライラするパターンは大体3パターンですね。
①店員のレジ打ちが遅い
②客が財布を取り出すのが遅い
③客が財布からポイントカード・割引券・現金を取り出すのが遅い
大体このどれかです。

①は研修中とか色々あるので仕方ないと思ってて、
嫌なら速いところに並べばいいだけの話です。

②と③はセルフレジで駆逐されてめでたしめでたしと思ってました。
使うまでは。

やっぱり世の中そんな甘くなかったです。全然速くない。

店の事前予告情報では「レジ打ちは店員がします。」とありました。

そういうわけで、予想してたセルフレジは、
店:(1)レジ打ち
客:(2) ポイントカード・割引券読取 → (3) 支払 → 終
この流れでした。これで②と③は駆逐されるのでは!?と期待してました。

実際のセルフレジは、
店:(1)レジ打ち → (2)ポイントカード・割引券読取 → (3) 支払(交通系ICの場合)
客:(3)支払(現金・クレジットカードの場合) → 終
です。支払方法によって操作側が異なる複雑なことになってます。
店員さん「支払方法はいかがしますか?」という文言も追加され、
時間縮めたいのか伸ばしたいのか、理解不能です。

最悪なのがレジ打ちだけでなく、ポイントカード・割引券読取まで店員さんがします。
通常、みんなはポイントカード・割引券はどこに入れるでしょうか?
そう、財布です。

という訳で、せっかくレジ1台に対してセルフレジが2台あっても、
問題の②と③がレジを詰まらせるので、セルフレジの稼働率は低めでした。
この人達は予めポイントカード・割引券を財布から出した状態でレジ並ぶこと出来ないんですかね…

ちなみにクレジットカード支払の場合、セルフレジ機で、
支払方法でクレジットカードを選択 → 数秒またされる → クレジットカードを入れる → 数秒またされる → 確定
の流れを踏まねばならず、明らかに有人レジの方が速いしで時間に関しては全く利点がないです。

利点は1つだけあります。
店員さんにクレジットカードのIC端子部分を触られないことです。
利点はそれだけ。

結局ボトルネックは全く解消されてないんですけど、利用者側から見て導入した意味あったんですかね。
店舗側は今までレジに2人立たせてレジ打ち・決済を分担させてたのが、1人はレジ打ち、決済は端末と人件費は減らせますけどね。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
広告


- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です